昆虫食ドキュメンタリー『ムシクイ』委託販売開始

昆虫食ドキュメンタリー『ムシクイ』のDVDは、現在、中野タコシェとジュンク堂書店池袋本店、楽天(くうねる堂)にて、委託販売をしております。

IMG_7487
2016年1月4日から、中野のタコシェでも販売開始しました。通販もあります。

タコシェの商品紹介ページはこちら

ムシクイ
こちらは、ジュンク堂書店池袋本店7階の販売スペース。2016年1月24日から販売開始しました。

ジュンク堂のTwitterで取り上げていただきました。

追記(2016/06/11)
ジュンク堂さんでの委託販売は終了しました。

楽天の「くうねる堂」さんでも取り扱い開始しました。下記リンクからご購入いただけます。

『DVD 昆虫食ドキュメンタリー ムシクイ』

『DVD 昆虫食ドキュメンタリー ムシクイ』
価格:1,620円(税込、送料別)

<作品概要>
東京都日野市在住の昆虫料理研究家・内山昭一。昆虫食の盛んな長野で幼少より昆虫食に親しんだ内山は、普及・啓蒙活動を熱心に続けている。彼が主催する試食体験会では、昆虫のグロテスクな見た目とは反対にその美味しさに目を丸くする参加者も多い。海外のテレビ局による取材や自宅での食用ゴキブリ飼育の様子も収録。

===================================================
監督・撮影・編集/伊藤弘二
登場人物/内山昭一、ムシモアゼルギリコ、佐々木孫悟空、他
80min DVDトールケース
本体 ¥1500(+税)
===================================================

予告編

冬コミ(C89)サークル出展します。

初めてコミケのサークル申し込みをしていたのですが、なんと受かりました!

サークル名:雷鳴舎
日時:2015年12月31日(木) 10時~16時
場所:東京ビッグサイト 東地区 ”ペ” ブロック 07bにサークル配置。

以前撮影した昆虫食ドキュメンタリー『ムシクイ』のDVDを販売する予定ですので、ぜひご来場ください。DVDは1500円ぐらいにする予定です。2016年1月4日から、中野のタコシェでも販売予定です。通販も行われます。

コミケWebカタログにてサークル情報公開中です https://webcatalog.circle.ms/Circle/12324860/

ベトナム(ホーチミン)旅行3日目

ベトナム旅行3日目は、クチトンネルツアーとメコン川クルーズに出かけました。


クチトンネルツアー



地下壕の入り口は大人ひとりがぎりぎり入れるぐらいの大きさしかありません。



地下壕の内部



クチトンネルに隣接した射撃場で実銃を撃ってきました。



メコンレストストップというレストランで名物のエレファントフィッシュをいただきました。このレストランは、以前、皇太子も訪れたんだとか。



メコンレストストップというレストランで風船餅の調理風景を撮影。



メコン川クルーズ



メコンデルタに位置するトータスアイランドの休憩所で、おとなしいニシキヘビが触り放題になっていました。



ホビロンを食べにベンタイン市場の脇にあるレストランに行ってきました。
ホビロンは、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵で、フィリピンではバロットという名前だそうです。

ここで有り金をほとんど使い果たし、帰国の途につきました。

ベトナム(ホーチミン)旅行2日目


ベトナム2日目は、現地で観光ガイドをやっている「TNKトラベル」という会社の市内観光ツアーに午前中のみ参加。まずはホーチミンにある中華街のビンタイ市場へ。個人への小売りもやっているようだが、それほど買うものはないかな。



次は、中華街のお寺・ティエンハウ廟へ。渦巻状の線香がなかなか面白い。



格安ツアーだとよくあることだが、途中に土産物店に連れて行かれた。ここは、ベトナム漆器のお店。
流暢な日本語を操るベトナム人女性が、漆器の説明をしてくれる。おそらく他の店のほうが安いのかもしれないが、面倒なので、ここでいくつか漆器を購入。



最後に戦争証跡博物館へ。敷地内にはベトナム戦争当時に使われた戦車や戦闘機が展示されている。館内は、主に写真と銃器の展示。枯葉剤の影響で産まれた奇形児の写真が多数あり、撮影できる心境ではなかった。



午後からは、世界の有名テーマパーク12選に選ばれたという「Suoi Tien Theme Park(スイティエン公園)」へ移動。バスだとホーチミンから1時間程度かかるらしいが、時間を節約するためタクシーを利用して移動した。
園内はとにかく人が少ない。オブジェのひとつひとつが巨大で奇抜。そして園内広すぎ。



スイティエン公園の敷地の奥の方にドクターフィッシュのコーナーがあり、しばらく休憩。



日本では到底考えられないような「ワニ釣り」なるアトラクション。これが目的でスイティエン公園に来たようなものだが、ほかに誰もやっている人がいない。

閉園時間まで遊んで、帰りは近くのバス停からホーチミンまで戻り、2日目終了。

ベトナム(ホーチミン)旅行1日目

2014年4月10日から13日まで、ベトナムのホーチミンに旅行したときの記録を3回にわけて、投稿します。


14時過ぎにホーチミンの空港に到着し、タクシーでホテルに向かう。宿泊したのは、ここ「ブルーダイアモンドホテル」。スーペリアルーム(ツインベッド)が2名2泊で合計 :8,926円(一人分4,463円)と激安すぎ!ちなみに予約はホテルズドットコムで取りました。なお、ホテル前には、Vinasunタクシーのスタッフ(緑のシャツを着ている人)がおり、タクシーの手配をしてくれるので、大変便利です。


ホーチミン市内のバイク渋滞はこんな感じ。バイクのシェアはホンダ6割、ヤマハ2割ということで、ほとんど日本車。自動車は高い税金が課せられるため、所有しているのは超金持ちの個人か、タクシー会社等の企業が多いとのこと。現地のガイドさんによると、ベトナム人の平均月収は1万円程度のため、2年程度頑張って働いて、日本製のバイクを買うのだとか。なお、自転車はほとんど走っておらず、乗っている人はバイクの買えない貧乏人に見られるそうです。

ホテルにチェックイン後、近くの統一会堂まで徒歩で向かう。


晩飯はフォーを食べようということになり、ガイドブックにも掲載されている名店「Pho Hoa」へ。旅行中、いくつかフォーを食べましたが、ここのが一番美味しかったかも。


 


その後は、統一会堂付近の水上人形劇へ。劇中の会話はベトナム語でまったくわからないが、動きの面白さと水中で操作される人形の不思議さで、結構楽しめます。